スポンサーサイト

2015.05.18 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    だって、人間だもの(相田みつを風)

    2010.04.16 Friday

    0
      加入しているガン保険をちょっと見直そうと思って、

      特約のみを解約できるかどうか、

      保険会社のカスタマーセンターに電話携帯しました。


      昨今どこのカスタマーセンターに電話しても、

      あの長い自動メッセージを乗り越えないと次には進めず、

      これはどうにかならないのかのぅと、つぶやく。



      さて、ようやく担当の女性女につながり、

      「今入っているがん保険の特約のみを解約できますか?」


      その担当の方、なんとなくクールな感じで、


      「特約のみの解約はできません。」


      「そうですか・・・じゃあ、このままで続けるかすべてを解約するしかないんですね。」


      「さようでございます。」


      「でも掛け捨てだから、解約してもなにも戻ってこないんですよね〜」


      「さようでございます。」

      ・・・・

      その後、なにを聞いても、


      「さようでございます。」


      ちょっと冷たい[:ふぅ〜ん:]感じ。


      まあ、しょうがない。でも・・・・・そうか・・・・

      特約のみの解約はできないのか・・・・


      「わかりました。有難うございました。」

      と、電話を切りました。



      すると、その後2分もしないうちに汗、携帯が鳴りました。


      「はい。」


      と出ると、電話の向こう側にはなんとなく、


      あわわわわモゴモゴプシューという空気を醸し出した女性が女


      先ほどの保険会社の女性でした。


      要するに、

      「特約のみを解約できました汗」という訂正のお電話でした。


      言葉もたどたどしく、さっきの

      「さようでございます。」と言った自信満々のお返事がいずこにたらーっ


      まあ、よろしいのよ。

      間違いは誰にでもあるものよ。


      が、こういう間違いはあまり気持ちのいいものではないですね。




      スポンサーサイト

      2015.05.18 Monday

      0
        コメント
        コメントする